イメージ画像
デスクトップスピーカー
GLA-55
価格:オープンプライス
生産完了品につき流通在庫のみとなります

新世代のデスクトップ・アクティブスピーカー GLA-55。

クリスタルの様な美しいデザイン、オーディオファイル・クォリティのサウンド。

製品サポート情報

特長

JBL高性能ユニットによる2Way構成。

JBL製ユニット「Atlas™」にアルミダイアフラムを採用し、ウーファーとして新たな最適化を施した75mm径「Atlas™ AL Woofer」と、新開発の25mm径「CMMD(Ceramic Metal Matrix Diaphragm)Lite Tweeter」による本格的な2Way構成を採用。想像を超えたハイクォリティサウンドを可能にします。

総合112W デジタルアンプ搭載

高効率のデジタルアンプにてJBL製高性能ユニットを余裕のハイパワー駆動。大音量再生はもちろん小音量時でもバランスに優れた破綻の無いハイフィディリティ再生を可能にします。

Slipstreamポートデザイン

最大限のバスレフポート効果を引き出す"Slipstream”ポートデザインを採用。小型サイズながらハイクォリティーな低音再生が可能です。

BASSコントロール

低音のバランスをコントロールすることができるBASSコントロール装備

3.5mmステレオミニジャック入力端子

iPod®、デジタルオーディオプレイヤー、CD/MDプレイヤー、デスクトップコンピューター、ラップトップコンピューターと、ヘッドホンジャックを装備している全てのプラットフォームに接続可能。簡単に高品位なJBLサウンドを楽しめます。

最高のサウンドを提供するために、JBLが開発した多くの特許技術を導入しています。

COE (Computer Optimized Equalization)

ナチュラルな音楽再生を果たすため独自のコンピューター・シミュレーションを駆使して設計されたCOEイコライゼーションを採用しています。

OCT(Optimized Compression Topology)

音量をあげたときに起こる瞬間的なピークを抑え、大音量時でも歪みの少ないサウンドを実現するOCTコンプレッション回路を内臓しています。

仕様

製品名 GLA-55
オーディオ入力 3.5mmステレオ ミニプラグ
総合出力 総合112W(56W×2)
コントロール タッチ式ボリューム、BASSコントロール
使用ユニット CMMD Lite Tweeter + Atlas™ AL Woofer (2Way構成)
周波数特性 35Hz - 20KHz
サイズ 幅125mm、高さ304mm、奥行304mm
重量 6kg(AC電源アダプターを除く)
入力インピーダンス 5kΩ以上
電源 AC電源アダプター(100V~240V 50Hz~60Hz)
付属品 3.5mmステレオミニプラグ付きオーディオケーブル、AC電源アダプター、

※仕様および外観は、改良のため予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

FAQ(よくあるご質問)

  1. Q1:海外で使用できますか?
  2. Q2:音が出ません。
Q1:海外で使用できますか?

付属のAC電源アダプターは、100V~240V(50Hz/60Hz)仕様ですので海外でも使用できます。海外で使用する場合は、AC電源アダプターの電源プラグを、使用する国のコンセントの形状に変換する必要があります。市販の変換プラグをご購入の上ご使用ください。

Q2:音が出ません。

以下の事が考えられます。再度ご確認ください。

・ミュート(消音)機能が働いている時
プラスとマイナスのボリュームボタンを同時に押すとミュート機能が働きます。この場合、どちらか片方のボタンを押すとミュートが解除されます。

・電源が入っていない場合
電源が入っていないとパワーランプが消灯しています。この場合、パワースイッチを押してください。またコンセントから電源プラグがはずれていないか、電源スイッチ付のタップなどの場合、タップの電源がオフになっていないかなど、ご確認ください。

・接続している機器の音量が小さい場合
ソース機器のヘッドホンジャックに接続している際、ソース機器側の音量が必要以上に下がっていると、ゲインが足りずに音が極端に小さかったり、聞えなかったりする場合があります。この場合はソース機器側の音量を上げてみてください。一般的にソース機器側の音量は、8割程度に上げておくと良いと言われています。